2013年8月12日月曜日

分析の成果自体はサイエンスだが、分析の行為はアートだと思う次第


社内でとあるアンケート分析の経過報告を行った。

そもそも調査のしかた自体が新しかったこともあり、
集計結果だけでも面白いものになったと思う。
しかし、分析となると、通り一遍の説明ではダメだと思う。
今回は「これだ」と思う切り口に辿りつけた。
時間はかかったし、もっと冴えてる切り口があるようにも思う。



集計してグラフ書いて、有意差とって、、、という部分はサイエンスであり
誰がやっても同じ結果を得ることができるが、
何に疑問を持つか、どうしてその解析手法を選ぶのか?という部分は、アートだ。
どの手法が選ばれる、どういう分析を施すかは、分析者のアーティスティックなセンスによるものだと思った。

きっと分析官が違えば、違う示唆を得るにちがいない。

もっと自分の分析センスや、「こういうことがわかったら面白いよね」という感覚を
たくさん考えてストックしておきたい、と思う。